2016年11月13日

白杖を持つということ

このブログのタイトル、『強度眼精疲労者の白杖ライフ』であるにも関わらず、全然白杖ネタが出てこなかったのでちょっと書いてみます。

私が白杖を使い始めたのはちょうど5年程前、2012年の1月からです。

その壱ヶ月半前に治療として受けたボトックス注射によりあっという間に悪化、
羞明感と頭痛が増して
「このままでは外に出られなくなる!」
と、感じ、慌ててネットで白杖を購入しました。


さらにサングラスの中に片目は黒布、もう片方の目には少し穴を開けた黒布を入れて、
その上体で眼をつぶって数秒に一瞬下を少し見る程度で…

そのうち、これでも足りないと感じ、日傘を前倒しで持つようになりました。

周りからみても明らかに前方見えてない人」です。
そんな急激な悪化でしたので。多くの視覚障害者が訴える「白杖を持つのが恥ずかしい」という心情は抱きませんでした。

じわじわとゆっくり視力や視野が失われていった人の話しによると、白杖を持ち始めた頃、皆自分の方を振返ったそうです。
なるほど、それじゃあはずかしいかもしれませんね。

しかし白杖って何も自分が歩き易くするだけのものじゃないんです。
回りに
「自分は見えてませんよ」
と、知らせるためのものでもありますからね。


だから世のため人のためを思うなら物や人にぶつかりやすくなった時点で白杖を持つのがマナーなんです。

道路交通法でも「目の見えない者、または見え難い者は白杖を携帯すべし:と定められております。



ここでもよく勘違いされるのですが、障害等級何級以上にならないと白杖は持っちゃいけないとか、役所から支給されるまで持っちゃいけないとかいう思い込み。

まず、白杖を持たねばならないのは障害者手帳の有無ではなく、実質的に見え難い人からであり、障害等級も関係ありません。

そして、白杖は時分で勝手に買えます。

売ってる場所は日本点字図書館。ネットでも買えます、

なので眼瞼痙攣患者さんでも危険な状態で歩いているなら白杖を持ってほしいです。

ちなみに、一半的に視力障害者より視野障害者の方が外出困難で人にぶつかりやすいと言われています。
それは見えてない部分が多いからと言えましょう。
視力障害の場合は物の輪廓がぼやけても車や人がそこにあるということはわかります。
つまり、ぼやんとでも広く見えてれば物はさけられるのです。
でも、見えてない部分があると、物に打つからないで歩くのが難しくなるというわけです。

さて、眼瞼痙攣患者はどうでしょう?視力も視野もありますが、
「見えてない時間が存在する」
これが眼瞼痙攣患者の特長です。

まばたき程度なら誰でもありますが、それが歩行困難なほど長い時間なら非常に危険なことです。

視野障害の例から言っても物にぶつからないように歩くというのは広い範囲を常に見続けられるるということが必要なのです。


普通の人でもよそ見していてたら人にぶつかりますんでね。

なので眼瞼痙攣患者さんでも人にぶつかりやすい人には白杖を持ってほしいです。
あなたのためだけでなく世のため人のために。


ブログ先頭っっf
http://cannotmovement.seesaa.net/s/article/367839914.html
スマホ版の方が順に読みやすいです。

マンガ「眼精疲労の恐怖」
http://www.tinami.com/view/635178

フェイスブックページ「法からこぼれ落ちた傷害 眼瞼痙攣患者を救う会」
https://www.facebook.com/gankenkeiren/
posted by kurumi at 11:58| Comment(0) | 生活 | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

激やせからの回復

体重現象が始ってから二ケ月もすぎると様々な二次災害見見舞われました。最も深刻だったのは貧血です。特に月経時は食もさらに落ちてプチ断食状態になりますます体重減少。
貧血時の入浴は危険なので極力お風呂には入りませんでした。

あとかなりうっとうしかっったのが耳管開放症。
これは子どもの頃からよく発生していた症状で、鼻をかんだ時などによく起こる、あの「自分の声が響いて聞こえてしまう」という現象です。
ただ、つばを飲込んだりすれば大抵はすぐに治っていたのでいちいちこの症状を医者にいうことはなかったのですが、この時期あまりに頻発しすぎてしかも簡単に元にもどすことができないでいたのでネットで知り合った友人にこのことを言ったところ、、
「ああそれ、耳管開放症というやつで太れば治るよ。自分もやせたときひどかったよ。」
と、教えられました。

そして実際体重が元に戻ったころにはほの耳管開放症はほとんど発生しなくなりました。

この激やせ騒動は2014年5月から始まり、ひと月1kgづつ痩せて10月の辞典で36KGにまで落ちてしまいました。ちなみに身長は163センチあります。
実は9月に入って少し夏バテから開放され始めた頃、藁にもすがる思いで栄養療法クリニックの門を叩きました。

そこで出されたのはL-グルタミンというアミノ酸。
「薬局に置いてないかもしれないけど…」と、先生がおっしゃった通り薬局に処方箋を出すと私のためだけに入荷となりました。

薬局の人も
「これについて調べたんですけど、アミノ酸でお膚にも良いそうです」
といいました。

この台詞からしてどうやら薬剤師さんも知らなかった模様。

しかし、この誰にも知られていないLグルタミンのおかげでみるみるうちに私は体重を元に戻すことができました!

しかも営養療法の先生は「お腹いっぱい田部て下さい」
と、おっしゃいました。

大抵の本には「腹八分が良い」と書いてあるのに!

かなり目からウロコでしたが先生の指導通り懸命に食べて3ヶ月で6kg太ることができました!
この3ヶ月間はまるで10代の頃のような食欲でしたが、元の体重に戻ったら、食欲は全盛期から落ちて体重増かは止まりました。しかし、元の体重自体が低体重であったため、先生から言われていた目標体重の45kgにまで到達するのにそれから2年ほどかかりました。つまり、45kgにまでこれたのはこの記事を書いてる2016年の秋です。

また、この激やせを機に、薬をどんどん減らしていきピルも向精神薬もやめてしまいました。
この、減薬についてのエピソードは山ほどあるのですが、その話は後回しにします。

次回からは視覚障害者ならではの記事にする予定です。

ブログ先頭
http://cannotmovement.seesaa.net/s/article/367839914.html
スマホ版の方が順に読みやすいです。

マンガ「眼精疲労の恐怖」
http://www.tinami.com/view/635178
posted by kurumi at 03:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

胃腸不良発生から二ケ月後の受診

胃腸不良とそれに伴う体調不良が続いた二ケ月後後の心療内科の受診ではO先生とバトルのようなやりとりでした。


会話1
オO先生「治そう治そうとするから治らないんだよ。」
私「え~!」

私はここ二ケ月近くの胃腸不良を治すため情報をかき集め、食生活を改め胃腸に良い体操や、オイルマッサージまで取り入れたのです。それらが胃腸不良に奏功してないとは思わなかった。
ところが最近になって針灸師の先生が
ストレスが加わっても頭を使ってもカロリーは消費される。」
と言っていたのを聞きこの時のO先生の台詞はまんざら外れてもいなかったのかと思いました。

会話2微熱について
O先制「ラミクタールが微熱に効くって何なの?」
私「とにかくラミクタールは微熱寝込みに効くんですよ。」
O先生「ラミクタールが効くということは心の問題じゃないの?」
私「え~!」

確かに心の鬱に気付かないで体に現れる仮面鬱なるものを知って、自分にもその疑いをかけたことはありましたが、どう自分の心を探っても、寝込んでる時に精神的に落ちてる感は無かったのです

また、O先制は初診からラミクタールを出してはくれましたが微熱や倦怠感に効くということは。
「認められてないね~。」
と言い、
ラミクタールで不眠になっても日中元気なんですよ。」
と私が言うと、
「ラミクタール、そんなに元気にする薬じゃないんですけどね…。「
と、あまり私のいうことを受け入れていない様子でした。

一般的にラミクタールという薬はてんかんと躁鬱病、に用いられるのがメインで、他鬱病、体に痛みのある患者にも出されます。
ネットの口コミでも微熱に効くという話は見られません。

私「私、精神疾患なんですか~?」
O先生「目が良くなってきたのなら、そろそろ心理テストやりたいな。」
私「時間どれくらいですか?」
O先生「2~3時間くらい?」
私「駄目だ~!」

O先生はその頃からしきりに心理ツトをやりたいと言いましたが、いくら目の調子が少し良くなったとはいえ二時間ものテストをやる自信はありませんでした、、

それから数週間後、私は胃カメラを飲む覚語でまた近所の内科にかかりました。減薬はしていたものの、O先生からも胃カメラを奨められてしまっていたので、

内科医「胃カメラ飲みますか~?」
私「あまり気が進みませんが心療内科の先生に『胃カメラのんじゃえば~?』と、言われてしまいましたし、先生のご判断にお任せします。」
内科医「胃カメラのんでも大抵は胃ガンとか見つかりませんしね。心療内科の薬を減らして改善が見られているなら良いでしょう。どうしても飲みたくなったらまた来て下さい。」

この時私はホッとして内科を後にしましたが二ケ月後に結局胃カメラを飲むことになるのです。


ブログ先頭
http://cannotmovement.seesaa.net/s/article/367839914.html
スマホ版の方が順に読みやすいです。

マンガ「眼精疲労の恐怖」
http://www.tinami.com/view/635178
posted by kurumi at 20:18| Comment(0) | 治療 | 更新情報をチェックする