2015年02月17日

鬱状態と精神科医兼眼科医の診察

盲学校行きがダメになったショックはかなりのものでした。前回眼科医が「精神症状が出ない人は出ない。」と言ったと書きましたが私と同じ状況に陥った人なら誰でも鬱になっておかしくなかったと思います。
障害者手帳も手に入らず障害年金の申請も棄却(この棄却の知らせを受けたのも同じこの時期)。実質障害者でありながら国からはなんの支援も受けられず、働けるとしたら針灸師しかないと思い、それにかけるしかないと意気込んでいたのですから。

私は元もと不安感は感じ易い方です。しかしこの質は今までの人生ではプラスに働いてきました。いざという時のためにお金をストックしておくとか、危機的的状況に陥った時のことを想定してシミュレーションしておくとか。

ところがこの時ばかりは不安感の増大に歯止めがかからずマイナスになってしまいました。自身を失い食事も不味く強烈な不眠に襲われました。
中でも一番苦しかったのは不眠でした。今までの私は薬の副作用以外では不眠の経験はなく、むしろ過眠で時間が足りないのが悩みでした。
ところが不眠も一日くらいなら徹夜しても平気なのですが二日三日と続くとさすがに具合が悪くなり、これではとてもやっていけないと眠剤増量をオ願いしに心療内科にかけこみました。

かなり薬を増量して眠れるようにはなりましたがその間はしゃべりのスピードも遅くなり、テンションも低かったです。
ところでそこで喜んだ?のが精神疾患の有人達 です。彼らは私の通常の早口&ハイテンションなしゃべりより、スローなしゃべり方の方がしゃべりやすいと言いました。

「じゃ、元に戻っても尾落ち着いたしゃべりを心がけるわ。」と、その時は言いましたが結局2~33ケ月 後には元に戻ってしまったようです。

話しを元に戻し、その鬱状態の最中、眼科医から商会された精神科と眼科の両方を診られるという医師の元へ行きました。三時間待たされた代わりに診察してくれたのは一時間。

その医師は私の話しを聴いて、
「やはり躁鬱の気があるのかな?そして興奮シヤスクヒステリー。」
と、いいました。
ここでいうヒステリーとは一般的な意味ではありません。精神医学でいうヒステリーとは疾病利得が得られるような心因性の身体症状のことで今では身体表現性障害といいます。

躁鬱の気と興奮しやすいのは認めましたがヒステリーに関しては私は認めかねました。いちいち反論はしませんでしたが、

さらに先生は他にも私のような目の症状を呈している患者がいると教えてくれました、しかし、話を聞く感じでは私ほどの重傷患者ではありませんでした、ただし、以前神経内科で脳の糖代謝の権さを受けた時は頭にタオルをグルグル巻きにした患者が現れたと聞いたので、その人が私が聞いた自分より悪い唯一の患者になります、


結局新しい治療法の定案はなく、ここの受診はこの一回で終わりました、

マンガ「眼精疲労の恐怖」
http://www.tinami.com/view/635178
posted by kurumi at 20:09| Comment(0) | 症状 | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

その他の症状

さて、今までは眼睛疲労症状について書いてきましたが、今度はそれ以外の症状についてもご紹介します。

まず、異常な冷え性。夏は冷房の効いた部屋でみんなが暑いといってる中、秋の外着スタイルで1人、寒いと震えてるくらいです。
そしてなかなか怪我がなおりません。ちょっと足を痛めた程度で一年くらいいっこ引いてた事が何度もあります。

以上のことから、血流が悪いという事が容易に想像できます。そのせいか、体のいたる所が良く凝って、これまたなかなか治りません。
また、体力も異常になく、ちょっとした物理ストレスで微熱が出て何日間も寝込んだりします。最長一カ月半寝込んだ事があるくらいです。

これらの症状は、自律神経失調症という事が、三年前 に心療内科に行って初めて判ったのですが、症状の発生自体はもう20年くらい前から徐々に悪化していったという感じです。

また、眼科の先生の強い勧めで、「精神疾患の有無をはっきりさせた方が良い。」と、言われたので、精神科の光トポグラフィー検査という脳血流量の検査を受けたところ、なんと躁鬱波形という結果が出て大変驚きました。

ただ、その検査を受けて二年たった今でも躁鬱かどうかははっきりしていません。

何せ精神症状がありませんし。

ただ、もしも躁鬱であったならば一生ものと言われてるので、
実際のところどうなのか、早くはっきりさせてほしいとおもっています。
posted by kurumi at 07:24| Comment(0) | 症状 | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

羞明感と視点移動困難(症状2)

次に羞明感についてですが、これは強くまぶしいと感じる事を言います、
日中はみちろんですが、実はよるの法がまぶしいといっていいかもしれません。
暗闇の中の光って、ものすごく目に負担なんですよね。
信号機、車のライト、伝統、お洒落なお店の間接照明(これは直接光源が目に入るので、直接証明といった法が良いんじゃないかと思ってますが…。)
これらは、明るい部屋にいる異常に強くまぶしいと感じられます。

子供の頃、よく「暗闇でテレビを見るな」と言われたのはこういう事が理由だったのかと、眼精疲労になって、初めて感じる事ができました。健康な時は全然気づかなかったですけどね。

次に、視点移動の困難さですが、読書なんかも長くは続けられません。5分読んだら「一時間休憩くらいでしょうかね。
実はこれにも得意不得意があります。普通の段組みされていない本より、新聞や、雑誌のように、細かく段組みされてる構成の方が支店移動距離が短いので、読みやすいです。
、あた。同じ理由で、拡大表示より。気持ち縮小表示されたものの法が少ない移動距離で、たくさんの情報を得られるので、楽です。

ここの所が、視力の無い人と違うところですね。

次回は私がどのような工夫をして、この症状とつきあっているのかをご紹介します。
posted by kurumi at 09:21| Comment(0) | 症状 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。