2017年04月21日

歩行訓練2

またまた歩行訓練ネタです。
体調が悪いとかで月2回くらいのペースでやっています。

新たに習得したスキルは3点付き、電車の入り口を探す、ホームを歩くなどです。
また、私の場合訓練中はアイマスクつけっぱなしです。まったく見ないで歩けるようになるのが目標ですので。

この中で1番収穫と思ったのは3点突きです。
これは通常両サイド2点で突くところを片方の壁も突いて歩くという方法です。
これによりよく逃していた信号機の場所を逃さなくなりました。

3点突きは2点突きより歩くのが遅くなってしまいますが、この「トロさ」に慣れるのも大切です。

それはスクリーンリーダーでも同じことです。目を使っての動作より遅い故に少しでも目を使える人は「やってられん!」という思いが込み上げてしまうのです。

しかーし!!そこは我慢!!我慢してこのトロさに慣れないと盲人スキルは身に付けられんのです!

そしてもうひとつ重要なのは度胸!
でもこれはやってるうちに割と早くに身につけられます。ただ、度胸つきすぎもまた危険ですのでやはり「ゆっくり歩く忍耐力」が重要です。

さて、歩行訓練を受けているせいか最近は映像なしの夢も見るようになりました。杖をついてる感覚とか何かにぶつかる感じとかただそれだけの夢。
パソコンだけいじってる夢なんかもありますが。

実は夢に関しては白杖ユーザーになってもずっと映像で見続けていました。これは中途失明者あるあるかと思います。しかし、そこでこんな疑問が湧いていました。

「ネイティブ全盲の人達はどんな夢を見ているのだろう?」
と…。


きっと私が見たように音や触感岳の夢がメインなのではないでしょうか。それとも勝手にイメージした映像世界を見るのか?
今度ネイティブ全もうの方に聞いてみたいです。

ところで同じ全盲でもネイティブの方がたは文字を映像では覚えていません。。そこで問題になるのが書名です。契約書だの何かの申し込みだの自筆書名せねばならないシーンはたくさんあります。

私はアイマスクつけっぱなしでもクレジットカードのサインは漢字で書けています。始まりと終わりの場所を指で教えてもらえれば可能です。

そこであるネイイティブ全盲の方にどうしてるのか聞いてみたところ、その方はサインはローマ字で書いてるとのことでした。
なるほど!日本語は難しいけどローマ字なら可能というわけか!


それにしても自筆書名できないと重要な申込みができないってのは問題です。目が悪い以外の理由でも自筆署名できない障害の人っているはずですし。

以前この署名ができずに手術が受けられないケースがあったという話を聞きました。もうちょっと世の中障害者に歩み寄ってくれても良いんじゃないかなあと思います。

ブログ先頭
http://cannotmovement.seesaa.net/s/article/367839914.html
スマホ版の方が順に読みやすいです。

マンガ「眼精疲労の恐怖」
http://www.tinami.com/view/635178

フェイスブックページ「法からこぼれ落ちた傷害 眼瞼痙攣患者を救う会」
https://www.facebook.com/gankenkeiren/
posted by kurumi at 00:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください