2016年12月10日

歩行訓練

今回は歩行訓練についてです。

私はボトックスを打った後あっと言う間に悪化してわずか1カ月半後には白杖を持つようになったのですが、、本来白杖は自分の身長に会わせて買わねばならないということを訪問した盲学校の先生に教えられました。
それは白杖を持ち始めて2年後のことです。

それまで使っていたものはシンボルケーンといって、ほとんどお飾り的なもので「私は視覚障害者ですよ」と知らせるためのものであり。地面を探りやすいようにはできていない物であるということを知りました。

それから私は日本点字図書館に行ってもっと長くて実用性の高い白杖を買いました。
と、言ってもシンボルケーンと通常の杖の中間くらいの位置づけにあたるグラスファイバー製のもの。
これを選んだ理由は軽いからです。

様々な杖を実際に振ってみて、これが一番軽いと思いました。その代わり、強度は弱めとのことでしたが、

あと、私は肩がいつも凝っていて、手も痛めやすいため、長さも短めにすることで重さを抑えました。

なので普通の白杖ユーザーよりかなり軽い杖を使っているのですが、ずっと同じ手で振り続けることはできず、左右交互に持ち替えながら使ってきました。

なので他の人もてっきり左右交互に杖を持つものだと思い込んでいましたが、大抵の人は利き手で持ち続けるようです。

それを知ったのは歩行訓練士さんに歩行訓練なるものを受けた鴇のことです。
それがつい先日のこと。
白杖を持ち始めて4年も経過していましたが。
ところで白杖は本来歩行訓練士というプロに指導してもらって使うというのが整式なのですが、私の場合、手帳不保持者ということで、訓練を受けることができずにいたのです。

それが、ある人の計らいで遅ればせながら歩行訓練が受けられるようになったというわけです。

そこで先日早速歩行訓練士さんの前で左手で杖を持ったら「サウスポーですね」と、言われたのですが、
「いいえ、右利きですよ?疲れるから交互に持つんです、他の人は違うんですか?」
と、言ったら「大抵は利き手で持ちます。」
と、言われてわかったのです。

また、「実際歩行訓練を受けてみると、私の突き方は通常よりひんぱんであることが判明しました。
訓練士さんがいうに、自己流で身に付けた人は頻繁に突く人が多いとのことです。

そこを歩行のリズムに合わせて付くように指導されました。
また、脚が前に出る時に杖を反対側に突くと。つまり、左足が出てる時は杖は右側に来ているようにと指導されました。。

すると常に二歩前を突くことになるとのことです。

これは知らなかったので今回の訓練で得た一番のお得情報!
これを讀んでる白杖ユーザーでまだ歩行訓練を受けていない方、是非これを頭に入れて歩いてみて下さい!

さて、この歩き方を意識してもやはり杖は交互に持ち替えています。
それはやはり手が疲れるということもありますが、ジストニアって同じ筋肉の反復運動で発症しやすいので眼瞼痙攣患者なら交互に持ち替えた方が良いかもしれません。

それに眼瞼痙攣の人って大抵体全体が凝ってて疲れやすい人が多いのですよね。目の不自由さを補うのは大抵手と耳なのでそれらに負担がのしかかかります。

結局、負担を分散するために左手も活躍させています。

おかげで左手で食事する機会も増えました。
これあはちょっとした自慢になっています^_^「
見てみて〜!!左手で箸が使えるのよ〜」って!


ブログ先頭
http://cannotmovement.seesaa.net/s/article/367839914.html
スマホ版の方が順に読みやすいです。

マンガ「眼精疲労の恐怖」
http://www.tinami.com/view/635178

フェイスブックページ「法からこぼれ落ちた傷害 眼瞼痙攣患者を救う会」
https://www.facebook.com/gankenkeiren/
posted by kurumi at 18:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください