2015年01月14日

中薬の治療

先述したように心療内科ではリックンシトウという漢方薬が出され、胃の調子は多少上がったものの、当時(2013年春〜梅雨時)症状が重かった月経時貧血はなかなか改善できずにいました。

1日中寝込んでしまう日が続くのでかなり申告でした。

心療内科のO先生は私の食慾が増せば貧血が改善すると見込んだようですが。
このアプローチは間違っておらず、問題は私の食生活にあったのですが、それがはっきりするのは1年以上後のことです。

それはまた後述するとして、当時、友人が良い漢方薬局 の先生ぽ見付けたので一緒に行こうと強く奨めて来ました。
私は漢方は自費だとものすごく高いと知っていたので興味はあってもしぶっていたのですが、結局試してみることにしました。

そこで扱う漢方は日本漢方ではなく中国漢方で、正確には中薬といいます。

友人は、煎じ薬じゃないと駄目と言ってましたが、めんどくさがりな私は既製品を使いました。

当時出された薬の内容は
フホウトウキコウ(トウキシャクヤクサンケイシブクリョウガンの中間くらいのものらしい)
コギクジオウガン(目に効く)
以上中薬。
シャクヤクカンゾウトウ、カミショウヨウサン、ジュウゼンタイホトウ


結局これらを飲んで月経時貧血は見事に治まったので心療内科でのリックンシトウは止めて、自費の漢方を1年以上飲み続けたのでした。

マンガ「眼精疲労の恐怖」
http://www.tinami.com/view/635178
posted by kurumi at 11:34| Comment(0) | 治療 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。