2014年02月16日

リチウムとメデタックス

その後、私はその病院から町のクリニックに移り、ラミクタールの話をして再びトライしたいと伝えましたが、
「そんな話を聞いたらラミクタールは出せません。それに双極性障害(躁鬱)の第一選択薬はラミクタールではなく炭酸リチウムです。」
と、言われリチウムが出されました。

しかしこのリチウム、最初こそ睡眠時間が縮まり、食欲も湧いたので、
「おっ。」
と、思ったのですが、すぐに副作用の倦怠感が勝り、2か月で服薬ストップになってしまいました。

その次に出されたのはメデタックスという抗不安薬。
これは効いてるのかどうかよくわからず、さらに実は後で自主的に服薬を止めて分かったのですが、寒気と微熱の副作用があり、とても辛かったです。

実はこのメデタックスを飲んでる間に微熱寝込みが数日続いたので、試しに家にあるラミクタールを一日25mgで二日飲んでみたところ、いずれの日も5時間後に動けるようになったので、クリニックにかけこみ、そのことを伝えたのですが、
「それは気のせいだよ。」
と、言われ相手にされませんでした。
ところが、次の日からラミクタールを抜いたにも関わらず、別人のように元気な日が数日続き、
「おかしいな。」
と、思いました。これがラミクタールのせいだと気づくのは、この時(夏)から8カ月後に分かることになるのですが、それは後で詳しく紹介します。

結局このクリニックとは半年でお別れし、次回に紹介する、「首を治せば自律神経失調症状が治る」と、歌っている病院への通院に切り替えました。

マンガ「眼精疲労の恐怖」
http://www.tinami.com/view/635178
posted by kurumi at 21:18| Comment(0) | 治療 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。